シニアコンサルタント永山①

各開発・運用プロジェクトにおける
コンサルティングから要件定義、開発まで、
幅広い工程を手がけています。

永山 忠義
Tadayoshi Nagayama

コンサルティング部 シニアコンサルタント

Q.入社後、一番初めに任された仕事は?

A.私の場合、新卒ではなく中途入社でしたが、前職はITとは全く関わりのない仕事でしたので、まさにゼロからのスタートでした。「ハードウェアって何?」というレベルからのスタートでしたので、研修では基礎の基礎から様々なことを学びました。その後、はじめて配属されたのは協力会社での開発プロジェクトでした。そこでもまずはドキュメント作成などの基本的な業務を担当しながら、実際の現場の雰囲気や業務の流れをしっかりと学ばせていただきました。

シニアコンサルタント永山②

Q.この会社に入社して良かった!と思った瞬間は?

A.小さい会社だからこそ、社長にも気軽に連絡や相談ができるところですね。普段は別々の場所に常駐していますが、どんな現場にいてもスカイプなどで社長とつながっていますので、定期的に連絡をとったり、積極的に情報交換しています。また、本社に帰って来たときなどには、社長から食事に誘われることもあります。社長の人柄もありますが、仕事のことからプライベートなことまで、何でも気軽に相談できる頼もしい存在です。そんな安心感の中で仕事ができているのを実感するとき、この会社に入って良かったと思います。

Q.貴社の自慢は?(仕事内容、事業内容、社風など)

A.やはり手厚い研修制度です。私の場合もそうでしたが、それぞれのレベルに応じて、「OSとは?」といった本当に基礎の基礎から学ぶことができるカリキュラムが用意されていますので、ITの知識が全くない人でも安心してスタートすることができます。その後もBBGC独自の教材を用いた研修などを受けることができますが、実際の現場で培ってきたノウハウがしっかりと反映された実践的な内容ですので、一人で現場に入って迷ったときにも、研修で学んだことが解決の糸口になることも多いですね。

Q.今のお仕事の印象に残ってるエピソードは?

A.以前参画していたプロジェクト先の企業から、新たな案件のメンバーとして名指しで指名されたときですね。お声掛けいただいたときはその現場を離れ半年ほど経過しており、別の常駐先にいたのですが、新たなプロジェクトが動くタイミングで担当の方から「永山さんに来てもらいたい」という打診がありました。当時は、まだエンジニアとしての経験も乏しいころでしたので、お客様から信頼されたということが素直にうれしかったのを覚えています。

シニアコンサルタント永山③

Q.将来の目標や夢は?

A.会社がどんどん成長しているということもあって、手がける案件もより大規模なものが増えてきています。こうした状況に対応し、新たなチームをつくっていくのが今の目標です。教育の体制や一人ひとりの役割分担などもしっかりと整備して、より深くクライアントのニーズに応えていきたいですね。また、手がける領域が広がれば、管理や運用系の業務も増えていきますので、こうした場を新人がエンジニアの仕事に馴染んでいくための機会にしていきたいと考えています。

Q.新入社員に期待することは?

A.新人のころに、とにかくたくさん失敗することをオススメします。私自身もゼロからのスタートでしたので、エンジニアになってからも様々な失敗がありました。しかし、失敗したからこと学べることも、この仕事には少なくはありません。どんなに失敗しても、許されるのは新人の特権。失敗を恐れるあまり一歩踏み出すことを躊躇していては、経験は身についていきません。失敗し、学んでいく。そんな経験を通じて知識が増えていけばいくほど、エンジニアとして取り組む仕事は楽しくなっていくはずです。

Q.就活のアドバイスをお願いします!

A.就活生の方には、IT未経験でも何も心配しないで大丈夫ということを一番に伝えたいです。採用活動では「私は文系だから・・・」「IT未経験だから・・・」という声を毎回耳にしています。しかし、私は30歳にして異業種からこのIT業界へ飛び込みました。その過程では、もちろん大変なこともありましたが、現在はお客様のシステム運用をトータルにお任せいただけるまでに成長することができました。ITに少しでも興味があり、エンジニアになってみたいという意欲がある新卒の方々には、積極的にIT業界(BBGC)の門をたたいてほしいと思います。