会社説明会のお知らせ~2016年度新卒向け~

こんにちは、板橋です。
2月7日(土)就活イベント「情熱フェスタ IT・エンジニア版」に出展してきました。
学生さんのフレッシュな意見を聞いたり、元気でエネルギッシュな姿に、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

特に、グループワークのセッションで隅に座らせていただいたのは面白い体験でした。
見ず知らずの学生同士、どのようなスタイルで命題に取り組むか、とても楽しく拝見しました。

さて、弊社では2016年度新卒向け会社説明会を下記のとおり実施します。
2015年3月6日(金)15:00@池袋
2015年2月2日(金)15:00@池袋
申し込みや詳細は就活サイト、もしくはホームページ右側の「お問い合わせ」フォームから、「会社説明会参加申し込み」の旨記載し、送信ください。

みなさんとお会いするのを楽しみにしています。

 

↓2015/2/7 情熱フェスタ IT・エンジニア版 にてワークショップ見学中。

情熱フェスタ2015

カテゴリー: お知らせ

2016年度新卒採用活動開始

早いもので、2015年も1か月が過ぎてしまいました。
またしても久々の更新です。お疲れ様です、板橋です。
最近は社員を東京に残し、四国松山への出張が多い日々です。

松山では難易度の高いプロジェクトが進行中です。
システム、組織、仕事の進め方、同時並行でいろいろな課題対応が必要です。
ユーザさんのお役に立てるよう、知恵を振り絞る毎日です。
さらに、7年ぶりに本格的に英語を使う会議も・・・私のインド英語、
もともと大して喋れるほうではありませんでしたが、驚くほど英語が出てきません。
聞き取りはほぼ大丈夫なのですが、使わないとだめですね。
そこで、ほぼ毎日夜はフィリピン人との英会話講座で鍛えなおしてます。

さて、そうこうしているうちに、2016年度の新卒採用活動がスタートしました。
2016年度の就活事情、経団連加盟の大手企業向けガイドラインでは、
会社説明会の解禁:3年生の3月
面接などの選考活動解禁:4年生の8月
ということで、前年度よりも3~4か月時期が遅れています。
そのためか、学生さんの感度も昨年の同じ時期に比べのんびりしているという感触です。

今週土曜日には、採用をお手伝いいただいている会社さん主催のイベントに出展します。
20名超の学生さんと一緒に、フェルミ推定使ったワークショップ等々やります。
なお、今年4月入社予定の内定者の一人も、去年のこのイベントで出会いました。
どんな学生さんと出会えるか、楽しみです。
学生さんと会話するのは、自社のことを見直す良い機会になりますし、
起業したときの初心を思い出したり楽しいですね。

カテゴリー: お知らせ

新しい局面

さて、またしても前回の記事から時間が空いてしまいました。
この間いろいろと弊社では動きがありましたのでご紹介します。

・HRシステム本稼働
この夏からリハーサルを実施していたシステム、ようやく本稼働しました。
SAPのシステムコピー、手数は非常に多いですが、本番移行では2回のリハーサルを経て明らかとなっていたため、
かなりスムーズに進みました。
3人のベーシスがシフト勤務をする1週間、私は夜担当、けっこうきつい一週間でした・・・
しかし大きな障害もなく本稼働にこぎつけることが出来ました。
関係者の皆様、1年以上にわたりどうもありがとうございました。

・SAPインストール作業
11月から、新しい現場でSAPインストール作業のお手伝いをしています。
ERP、EP、SOLMANに加えTREXがいます・・・、、、
TREXはSAP社のいわゆる「検索エンジン」です。この言葉ひさしぶりに耳にしました。
全文テキストをインデックス化し、外出ししていろいろなシステムに提供する、
という独特なソフトウェアです。
このビックデータ時代、検索と分類というテーマが脚光を浴びている中、
やや古い技術のイメージがありますが、たしかに面白い技術ですね。

・IT構築支援
とあるクライアントで、グループ会社から離脱するという会社があります。
これまで親会社のITリソースを使っていたため独自のITを構築しなければならないという事情を抱えており、
私も参画することになりました。
難易度は高いですがとてもやりがいのある案件です。

・内定式
10月10日、一般の会社からはやや遅れて、2015年4月入社予定の学生さんを招き、
内定式を行いました。
これまでの弊社の軌跡、これから目指すところ、入社前後にやろうとしていること・・・など共有しました。
将来有望な若者です。
新社会人として第一歩を踏み出す会社として責任重大ですね。

・講師
社会人1~3年目のITサービス企業勤務の若者に対して、IT基盤の基礎トレーニングを実施しています。
先週は「ネットワークの基礎」、また再来週に「データベースの基礎」、12月にはまた別のテーマで講師をします。
講義をするにあたり自分自身も再度基礎を見直す機会になるので良い勉強になります。

・営業活動
これまで知人の紹介ベースでお仕事をしてきましたが、
きちんと営業活動をして業界につながっていこうと積極的にいろいろな方とお会いしています。
若手をどんどん鍛えて質の高いITサービスができる技術者を育てていきますので、
みなさま長い目でよろしくお付き合いください。

12月には、2016年卒業予定者の採用活動がスタートします。
えらい忙し冬になりそうですが、体調には気を付けてがんばります。
寒くなってきましたので、皆様もお風邪をひかぬようご自愛ください。

板橋

カテゴリー: お知らせ

10月に向けて

季節はあっという間に秋になってしまいました。
毎年時が経つのが早く感じますが、今年はまたえらい早く感じます。

昨年から私が参画しているプロジェクトも10月中の本番移行をもって業務終了が見えてきました。
とても長い長い1年だったはずなのですが、今年の前半何をやってたのか、あまり思い出せないです・・・
プロジェクトは無事試験を終え、移行リハーサルも2度実施完了、運用引き継ぎもほぼ完了、
あとは本番移行を残すのみです。
私が参画しているチームは、3名24時間体制で4日間にわたる移行作業を行います。
私は主に深夜担当・・・・体が辛いのですが、まあこの仕事してるとそんなものですね。

前回のリハーサル2では、SAPシステムコピー後に想定外の事象が発生しました。
システムコピー後、セキュリティストアの内容に不整合があり、RFCが全滅してしまうという現象です。
Tr_cd:SECSTOREから不整合箇所を削除することで解消したのですが、
再現したりしなかったり、あいかわらずSAPは扱いづらいですね。

そうした想定外事象への対応や細かな手順の整備、担当者の負荷分散など考慮した移行手順をもって、
10月に本番移行に挑みます。
SAP自体はECC、PI、EP、SOLMANからなる構成ですが、既にECC以外はそれぞれシステムコピ/アップグレード/新規インストール&各種設定が完了していますので、
本場移行はECCのシステムコピーを中心とした作業となります。
最近はECCをクラウド化したいとというお話も多いのですが、
今回のユーザさんは、仮想化(Hyper-V&VMware)&物理(WSFC)の混成環境です。
仮想化やクラウドに関心がいきがちですが、
Windows2012化によってひっそりとWindowsクラスタも進化しています。
新旧入り乱れた技術を駆使し、システム化の目的や運用に見合う設計を行うこと、
直近ではそうしたスキルが必要と感じます。

しかし、長い目で見るとこの業界はどこに向かうのかよく見極めないといけないですね。
来年は新卒の新入社員が入社します。
10月は、夜勤に入るの前に、そんな彼らを迎えた内定式や懇親会を予定しています。
若い人達には、飛び抜けて大きな人物に育ってほしいと願いつつ、受け入れの準備を進めています。

 

カテゴリー: お知らせ

SolmanへのSPS適用

前回の書き込みからまたしても間が空いてしまいました。
それぞれの現場で、いろいろなことが起きています。
障害、クラウド、SAP・・・

中でも最近ホットなトピックといえば、SolutionManagerへのSPS適用です。
とある事情によりSPを適用することになったのですが、
今回はあまり私自身経験が少ない形、
SAP社推奨のとおりメンテナンスオプティマイザを使って、
SUM(Software Update Manager)でJavaもABAPも一緒に、という方式で実行しました。

JavaにSP適用といえばJSPM・・・という時代はもう古く、SUMでの適用が今は正解です。
ただJSPMではないとはいえ、裏ではしっかりSDMが動きます。
ABAPは従来のSPAMが使えるものの、せっかくなのでjavaと一緒にSUMで適用します。
SCNの記事を読むと、SUMはこれまでバラバラに開発されていたSAPのメンテナンスツールを統合する位置づけだとのこと、感心です。
Software Update Manager (SUM): introducing the tool for software maintenance

さて、まずはSPファイルのダウンロード。
ここはメンテナンスオプティマイザ、意外となかなかやりますね。
きちんと設定しておけば、マーケットプレイスでファイルを選ぶ必要がなくなります。
きちんと設定、が曲者ではありますが。。・
でも意外としっかり動いてくれて、ダウンロードバスケット登録まではさくっと進みました。
メンテナンスオプティマイザなのでバスケット承認も不要。
XMLファイルもSolmanに配置してくれているので、あとは適用するだけ。
これは運用楽です!

そして適用、SUMを使います・・・って、SUMは別途DLしなければならないのか??
メンテナンスオプティマイザでSUMを選択する画面が無かったような?
と、そのへん確認したところ適用対象システムのNetWeaverバージョンによってSUMが提案されたりされなかったり、のようです。
参照:Note:1626435 – SUM Download in Maintenance Optimizer Transaction

SOLMANはNetWeaverのベースが古いので提案されない、ということは、
ブラウザでマーケットプレイスにログオンして、手動でファイルを指定しなければなりません。
・・・って、せっかくメンテナンスオプティマイザ使ったのに。

さて、SUMを別途DLしていざ実行。
SUMってSAPバージョンアップ用のツールと考えていたので、
SP適用ではどんな手順にななるのかと興味がありましたが、
動かしてびっくり、というか、あーあというか、バージョンアップそのままでしたね。
長い長い手順を経て適用にはいります。
安定したSPAMを捨ててまで面倒なバージョンアップ手順に置き換える必要があるのだろうか・・・

適用自体はすんなり完了しました。
事後作業ということで、メンテナンスオプティマイザのタスクをクローズしようとしたところ、
自分自身のバージョンが変わってしまったらしく、バージョンを正しく認識できなくなったというおまけつき。
このへんの詰めがSAPさん相変わらずです。

そもそも、SP適用しましょうという話に至った理由もちょっと「おいおい」という話なのですが、
それはまた今度。

カテゴリー: お知らせ