運用支援
Operation Support

運用支援

業務の効率化によるビジネススピードの向上、次々とリリースされる新機能・・
システムは、これらの要求にこたえるために、保守/運用のスピードも高いものが求められています。開発サイドは、開発環境の効率化やアウトソースなど、日進月歩で開発速度の向上が実現しています。

一方で、めまぐるしいスピード感でリリースされる変更を一定の質を保ちながら運用することは、時に開発以上に難しい面があるのが現状です。

運用チームの現場からの悲鳴、実例をご紹介します。
このお客様、システム運用はコストセンターという考えの元、担当者の負荷に応じて人員を補充しよう、という方針がとられていました。

必要に応じ人員を増強した結果、教育や管理に時間をとられ、次から次へとリリースされるシステムへの理解が浅く、オペレーションミス、性能劣化等の品質低下を招いてしまいました。

解決策として下記を実施しました。
– システムチューニングによる処理の高速化を行い、余裕をもったメンテナンス時間の確保
– 運用レポート作成の自動化による運用担当者の負荷軽減
– 運用レポート項目見直しによる、リソース不足の予防措置

「そんなことはあたりまえだろう」という声が聞こえてきそうなのですが、実際に、運用の改善は地道な調査/分析の積み重ねによって実現できることが多々あります。

運用の現場が悲鳴をあげている、ユーザから見て品質が悪い、という漠然とした評価に向き合い、S/W、H/W、体制、コミュニケーションプラン、運用フロー、業務一覧、教育、管理ツール、など適切な対策案を策定する、これが私共の運用に対するアプローチです。

プロジェクト例
プロジェクト例
プロジェクト例
プロジェクト例