システム導入
System Introduction

システム導入

基盤系のエンジニアというと、一般的にはOracleエンジニアや、サーバ系エンジニアを指します。
H/Wベンダの専売特許だった基盤系とう言葉は、オープン化と分散化を経て守備範囲が広がり、最近では仮想化技術という新たな領域にも含まれるようになりました。

このような複雑な技術やマルチベンダによって構成される基盤、どのようにマネジメントしていけばよいのでしょうか?

ひとつの答えは方針と体制です。
新技術を駆使して縦横無尽に開発を進めるアプリケーションエンジニアを横目に、変更管理、構成管理、非機能要件・・・などなど、
方針作りに係る労力を考えると気が遠くなります・・・が、とはいえ、稼働後の運用を見据え、横断的に管理することができるのは基盤系の特徴でもあります。

BBGCでは、SAP/非SAPを問わず、複雑化、マルチベンダ化リスクを回避するために、方針と体制の整備に力を入れています。
開発チームやお客様の体制にあわせつつ、多様なエンジニアが開発しても耐えうる管理方針の整備です。

そのため、基盤系が担う様々な技術要素や非機能要件に対して、
– 方針の策定
– 設計
– 実装
– 運用
と、着実に進めていきます。

プロジェクト途中でもどのような役割でもかまいません、テクニカルチームリーダ、移送/OSS問合せ担当者などなど、
規模の大小や局面を問わずご相談ください。

プロジェクト例
プロジェクト例
プロジェクト例
プロジェクト例