イメージバックアップツール

あるお客様では、物理サーバとvCenterServer仮想ホストのシステムバックアップに「Symantec System Recovery」(通称SSR)を使用しています。
これがひどい。

SSRが動き出すと、ブルースクリーンが発生してOSが強制再起動される現象が多発しています。
現象はWindows2008の物理/仮想両サーバで発生しており、
かれこれ発生から1年ちょっと経過。3ヶ月に1回くらいのペースではあるものの、
ブルースクリーンで強制再起動なので発生時の被害が甚大です。
バックアップサーバで発生したときは、その日のバックアップはほぼ全滅・・とかもうびっくり。

Symantec社サポートの調査でも原因は未だ不明。
2回ほど「カスタマモジュール」といって個別のパッチを出してもらったものの改善せず。
そうこうしているうちにバージョンアップを勧められてしまった。
まだ稼働して1年ちょっとなのに。

去年、vForumに行ったらいろいろなバックアップツールが出展されていて、
ツールの選択肢もずいぶん広がったことを実感。
ファイルバックアップをBackupExecでやってるからとってSSRを選んでしまったけれど、
ちゃんと検討するべきでした。猛烈に後悔です。

仮想化によって、バックアップソリューションもずいぶん業界が変動しているように感じます。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク